RSS

macOS上のWineで、Office2007

この話の環境


wineのバージョンは3.0 brew経由でインストール

解決したい課題

macOS上のWineだと、PowerPoint2007が動かない。動かしたい。

問題の原因

何回やってもPowerPointが起動しない。原因を調べた結果、riched20.dllがロードされないことが原因みたいだった。確かこのdllは文字入力関係だった気がする(勘違いだったかも)。

ubuntuではwincfgからriched20.dllをロードしておけば解決なのだが、macOS版Wineだとうまくいかなかった。初めからriched20.dllをロードしておくとなぜか文字入力を一切受け付けなくなる。

解決法

インストールしたあとにriched20.dllをロードする

インストール
brew install wine

32bitモードに切り替え
export WINEARCH=win32 winecfg

インストーラーを実行
wine /(path to office12 installer/setup.exe

wincfgでriched20.dllをロード。種別はネイティブ

番外こぼれ話

インストール途中、プログレスバーが2cm位(20%くらい)伸びた後10分以上沈黙することがあるが、一応中の人はちゃんと仕事してるみたいなので、そっとしておいてあげよう。コンソールログには凄いエラーが出てくるので、きっとタイムアウト待ちなのだと思われる。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。