RSS

投稿者アーカイブ

DISMコマンドを用いてWindowsパーティションのバックアップ 復元実験

DISMコマンドを用いて、Windowsパーティションをバックアップ&復元する。

環境:UX21E
UEFI Bootでインストール済み
※BIOS環境は未検証

手順

キャプチャ

  1. Windows10の起動ディスクから起動
  2. diskpartよりパーティション作成
    ・システム:
    create part efi size=100
    format fs=fat32 quick
    ・Windows:
    create partition primary
    format fs=ntfs quick

  3. OSのインストール

  4. キャプチャ
    Windows10のインストールUSBと、wimの保存先のHDDをつなぎ、PCを立ち上げ、
    diskpart list volを実行。
    Windowsが入っているパーティションを見つけ、exit。仮にcとする。
    保存先のドライブを仮にFとする。diskpartを終了させる。

DISMでキャプチャを行う。保存するwimファイルはmy-windows-partition.wimとする。
Dism /Capture-Image /ImageFile:f:\my-windows-partition.wim /CaptureDir:C:\ /Name:”My Windows partition”

復元

  1. 復元(システムパーティションのクリア)
    復元テスト。diskpartを実行。
    システムパーティションを探す。ドライブレターが付いてなければ
    sel vol 0
    assign letter=”s”
    のように、ボリューム選択→ドライブレター割り当て。
    そのままdiskpartで
    format fs=fat32 quickを行い、システムパーティションを飛ばす。
    diskpartを終了させる

  2. Cドライブの復元
    Dism /apply-image /imagefile:F:\my-windows-partition.wim /index:1 /ApplyDir:C:\

  3. ブートローダーの書き戻し
    bcdboot C:\Windows /s S: /f UEFI
    #BIOSマシンの場合
    bcdboot C:\Windows /s S: /f

が必要?

参考

Windows10のUEFIブートローダーを修復してみた
DISM を使ったハード ディスク パーティションのイメージのキャプチャ
DISM を使ったイメージの適用

ReadyNAS 104のraid6が破損したのでデータ復旧を試みた

ReadyNas104のraidが破損した。症状としては、突然の電源断によるスーパブロックの破損と思われる。
当NASは、ソフトウエアraidを採用しているため、突然電源が切れるなどしてスーパーブロックが破損すると簡単にraidが崩壊する。
肝心のデータは無事であろうと当たりをつけて作業を行った。

作業は、VMWare Player上に物理ディスクとして繋げた仮想マシン(Ubuntu 16.04LTS)上で行った。
テープドライブまでバックアップを想定すると、仮想マシン上で行った方が都合が良かったからである。

今回、認識しないソフトウエアraidを認識させるので、ソフトウエアraidを認識させるmdadmのオプションに細工が必要だと思われた。適当にぐぐってみると、ほぼ同様の事例が見つかった

kariaの日記 @ Alice::Diary 様
http://karia.hatenablog.jp/entry/20120702/1341164642

1.mdadmコマンドのインストール

2.mdデバイスの表示

この辺で、何のデバイスも表示されなかったので一回再起動。再起動後なぜか表示されたため作業続行

1回目の検証ではココでも何も表示されなかった為、medadmでraidをアセンブルし直すことにする。

とまあ、こんな具合である。

を実行すると、スーパーブロックが壊れているという警告が出たので、ああやっぱりかということで

ちなみにこのオプションが今回のキモだったりする。
当該NASは、lvmは君でおらず通常のraidであったので、このままマウントし完了

あとはその辺に転がってる4TB位のディスクを用意しrsync。

Keepass 2 androidで指紋認証する

Keepass2Androidで指紋認証する方法
設定方法が分からなかったのでメモする。
https://github.com/PhilippC/keepass2androidよりベータテスターに参加し、OTAが振ってくるのを待つか、Playストア経由でインストール。

Keepass2Androidを起動後、設定>データベース>指紋認証によるロック解除で設定する

ちなみに、モバイル端末の指紋センサはあまり賢くないので、ココに全財産を入れておくのはあまりお勧めできない…。

MacがProくなる(MacPro 2008)

4ヶ月ほどiMac late2009を使用してきたが、ギリギリCore2世代で遅く何かと限界に達してきた。
特にMac版のOfficeがメチャクチャ重くて全く実用にならないが、恐らく自分のMacが重いだけでM$は(珍しく)悪くないであろう事は明らかだった。

かといって最近のiMacは流石に高すぎる、新品でも中古でも5万くらいから買えるMac miniは拡張性がなさ過ぎる。仕方ないのでMac Proを買おうとしてもMac Proでさえ2009以降は高すぎる。5万も出せんよ。だってちょっと前にiMac買ったもん。馬鹿か俺は。仕方ないので2008の梅モデルを購入し、High Sierra patcherを入れて使用することにする。最初からこれで良かったんじゃ無いかと自問しつつ…。

所感
モニタが24インチになったため机がスッキリした。Mac Proの上に書類棚が置けるようになり実効面積が増加した。モニタのバックライトが弱ってきているような気がする。カラーマネージメントが微妙。処理速度が体感で倍くらいになった。まだメモリが吊しの4GBであるから、メモリ容量を増やせばもうちょっとましになるに違いないと思う。VirtualBoxが軽いノリで立ち上げられるのは嬉しい。SATA2.0なのでストレージ回りが少々弱い。Mac版Office 2016が実用に供する速度で動く!ただしUIが違いすぎてよく分からない。最新版のVMWare Fusionは相変わらず使えなかった。(vt-x対応機種なのになんでだ!)

情報
初代Mac(2006~2007)で対応外のMacOSを入れるときは結構苦労した覚えがあるが、High Sierra patcherは非常に優秀でユーザーがすることがほとんど無い。用意するのはソコソコ早い外部ストレージとインターナット回線くらい。(安価なUSBメモリは遅いので、ジャンクの2.5インチハードディスク等を用意するのがお勧め)

iMacのターゲットディスプレイモードを当てにしていたが、どうやら送り側にディスプレイポートかミニディスプレイポートが必要であることが分かった。変換アダプタでは無駄だった。仕方ないのでナナオのノングレア24インチ液晶を引っ張り出してきて使用している。グラフィックボードを買い換えてターゲットディスプレイモードを使うのが得か、それとも液晶を買うのが得か。久々のノングレア液晶はそれそれで趣があって良いのでDualにしても良いかと思いつつボーナスを待つ。

互換性(wine3.0)

Windowsの方。色々試行錯誤した結果Windows用のOffice資産は動くことが分かったのでまあいいかなと。

今後の計画

メモリの増設(8GBで様子見→1000円)

GPUの入れ替え(HD5770辺りか?それともGTX1050辺りか?15000円)

PCI-e接続のSSD増設(9800円)

BDドライブの増設(12000円)

全部やると状態のいいiMacが買えるので、折を見つつ良いところだけ手を着ける方針で。

macOS上のWineで、Office2007

この話の環境


wineのバージョンは3.0 brew経由でインストール

解決したい課題

macOS上のWineだと、PowerPoint2007が動かない。動かしたい。

問題の原因

何回やってもPowerPointが起動しない。原因を調べた結果、riched20.dllがロードされないことが原因みたいだった。確かこのdllは文字入力関係だった気がする(勘違いだったかも)。

ubuntuではwincfgからriched20.dllをロードしておけば解決なのだが、macOS版Wineだとうまくいかなかった。初めからriched20.dllをロードしておくとなぜか文字入力を一切受け付けなくなる。

解決法

インストールしたあとにriched20.dllをロードする

インストール
brew install wine

32bitモードに切り替え
export WINEARCH=win32 winecfg

インストーラーを実行
wine /(path to office12 installer/setup.exe

wincfgでriched20.dllをロード。種別はネイティブ

番外こぼれ話

インストール途中、プログレスバーが2cm位(20%くらい)伸びた後10分以上沈黙することがあるが、一応中の人はちゃんと仕事してるみたいなので、そっとしておいてあげよう。コンソールログには凄いエラーが出てくるので、きっとタイムアウト待ちなのだと思われる。

ジャンクで購入してきたiPhone5を脱獄してiOSをダウングレードする

脱獄…それはAppleの檻にとらわれた、スマートフォン界のらくらくフォンことiPhoneの真の才能を開花させる貴重な方法である。色々出来るようになる。

今日の目標

安くジャンクで買ってきたiPhone5をダウングレードし、快適な状態で脱獄する。

環境

iPhone5 16GB
iOS10.3.3(iPhone5で上げられる最終版)
macOS High Sierra

ステップ1 脱獄

こちらのありがたいサイトに従って脱獄する。http://tools4hack.santalab.me/howto-ios10-ios1033-jailbreak-h3lix-32bit-device.html

システムファイルを書き換える

こちらの有りがたいサイトにしたがって書き換える。http://tools4hack.santalab.me/howto-no-shsh-no-pc-32bit-device-ios841-downgrade.html
※iPhone5は、コメント欄を参照して書き換える。

再起動してOTA

raspberrypi3で手っ取り早くイーサネットコンバータを作る

現在すんでいる安アパートには固定回線が来ておらず、ポケットWiFiで生活している。
というわけでイーサネットコンバーターを作る。
今回はraspberrypi3で無線→有線変換のイーサネットコンバーターを作成する。
今回はDHCPサーバーは入れない(うまくいかなかった。)

nano /etc/dhcpcd.conf

ipのみ指定してデフォルトゲートは未指定にしておくのがポイントかな…メトリックの調整とかが要らなくなる

次にポートフォワードの設定/etc/rc.local開いてexit 0の直前の行間に追記する。

dnsmasqを入れたのだがなんでかうまくいかなかった。dhcpcd.conf当たりと競合してるのかなあ…。
今回は有線ルーター側で直接設定したので事なきを得た。

画像ビューワーVIXに脆弱性

2000一桁年代に人気を博した画像ビューワーVIXに脆弱性が存在することが明らかになった。

JVN#56764650: ViX における DLL 読み込みに関する脆弱性

https://jvn.jp/jp/JVN56764650

VIXとは、統合画像管理ソフトである。2000年代に登場し、今で言うところの、iOSの写真アプリや、Androidのギャラリーに近い操作感、エクスプローラとの親和性の高さなどの特徴があり、非常に高い人気を博した。特にデジカメの画像管理で重宝したユーザーは多数残存していると思われる。私も、その昔使っていたし、今でもフリーで画像管理をしたいと言われてまず思い浮かぶのはこのアプリケーションだろう。

今回VIXで発覚した脆弱性は、同一ディレクトリに存在する不正なDLLを読み込んでしまうと言うもので、ウイルスが混入したバージョンを用いると、比較的容易にウイルス感染させることが可能なもの。VIXのほか、同年代のソフトだとWinShotなどもこの脆弱性を抱えている。なお、Winshotに関しては、現在配布されているバージョンでは、脆弱性は修正済みの様子。

JVN#71816327: JTrim のインストーラにおける DLL 読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN71816327/

ちなみに、WinShotも優れたアプリケーションで、私は当時(2008年とか、そこいら)、PCを再セットアップすると、WinShotとVIXを必ず入れていた。

昨今、こういった長寿アプリケーションの開発終了/開発停止により、長期にわたり放置されたバグが発覚するケースが多発している。多くの作者とすでに連絡が取れなくなっているために、使用を停止するしか脆弱性の影響を回避できないのも大きな問題だ。また、作者と連絡が取れたとしても、保守コストの増大や、開発者のライフスタイルの変化で、開発が停止するアプリケーションも多い。

先日は、tfpクライアントのFFFTPも開発が止まった。OSSに移管されたがその後引き継いだ開発者も、開発からは手を引く方針だそうだ。

開発終了→オープンソース化で生き長らえたFTPソフト「FFFTP」、今度こそ終了か?【やじうまWatch】 – INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1088128.html

こういった往年のアプリケーションの開発が止まってしまうのは、一つの時代が終わるようでもの悲しい。しかし、同年代のフリーソフトの大半が、おそらく中身はゴリゴリのWin32API実装だろうし、FFFTPなんかはCで実装されているそうで、無償で保守するのはしんどいのかもしれない。

1ユーザーとして、これまで使用させていただいたことに感謝しつつ、作者様のご健勝を祈るばかりである。(そしてもし元気なら…また新作がみれると嬉しいなぁ。)

Office互換機能パックが廃止に

2018年4月より、旧来のOfficeとの互換性を保つため配布されていたOffice互換機能パックが廃止。同時に配布も中止される。

Download Word、Excel、および PowerPoint ファイル形式用の Microsoft Office 互換機能パック from Official Microsoft Download Center
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3

リンクはまだ生きているので、ダウンロードはお早めに。

思い返せば、Office2007が登場したときのブーイングは激しく、暫くの間は、ほとんどの人が互換機能パックをインストールしていた時期があった。特に、officeXPから2003間での間はUIのデザインが変わっただけの違いしか感じることができず(2000→XPだとオートSUMや以上終了時の救済機能などが追加された)、officeはアップグレードしない人も多かった。家庭用マシンでは、マシンの買い換えに応じてofficeのバージョンが上がっていったため、職場が2007に上がり、自宅と職場で操作方法が異なり戸惑った(仕事を家に持って帰らざるをえない)がんばるお父さん方はたくさんいらっしゃったことだろう。

そう言えばOffice2007のベータ版とか有った気がするが記憶が定かではない。

その後2007になりUIが変わり、2013ではPowerPointのグリッド機能が強化されたり、張り付け時の形式がプレビューできるようになったりと徐々に進化してきた。2016では、PowerQueryを内包したり、TeX形式での数式記述が可能になったりするなどの機能強化が行われている。あれほどブーイングを浴びたリボンインターフェースも今ではすっかり市民権を得ている。あのとき文句を言ったおじさんたちは、今どんな気持ちなんだろう。

変わったのはUIだけではない。ライセンス形態も変化し 2013以降では、基本的にサブスクリプションを前提としたライセンス形態となった。日本では従来のOEMバンドル版の需要が多数であったため特殊なライセンス形態が用意された。個人向けにはOffice365 soloが、法人向けにはOffice365 ProPlusが用意された。ちなみに、現在ProPlusは個人でも契約可能で、soloと対して違わない料金で1アカウント当たり5つのデバイスをサポートするので実はお得である。

2017年には、拡張子にxが追加された(つまりこの互換機能パックが作られる原因となった)初期バージョンの2007のサポートが終了し、法人でも移行が進んでいる。この、2007のサポートが終わったことで、互換機能パックの役目も終わったと考えるべきだろう。

現在、2007のサポートすら終わっているわけだが、企業内部だと未だに2003が生きている場合が多くあるだろう。特にaccessは途中からデータ形式が変わったので、更新が止まっている所は多いのではないだろうか。wordやExcelに関しても、ただの簡易編集機能付きビューワーとして使われている事例が多くありそうだ。

しかし、こういったレガシーの放置は、結局のところ保守コストの増大にしか貢献しない気がしてならないのは私だけだろうか。互換機能パックの更新停止は寂しさもあるが、有る程度のレガシー切り捨てはむしろ評価すべきだなぁと感じた。

SoftEtherを立ち上げたサーバー上から、クライアントに通信する

Ubuntu 16.04LTSでSoftetherサーバーを立ち上げた後、サーバー上からクライアントと通信したかった為、色々やってみた。
結論、tapデバイスとローカルブリッジした後、tapデバイスにIPアドレスを振れば良い。

tapデバイスは、softetherが立ち上がったあと生成されるため、Unitファイルに細工を加える。

softetherを起動するためのUnitファイルを編集する。
/etc/systemd/system/vpnserver.serviceとかがすでにあると思うので

といった具合に編集。起動時に/opt/vpnserver.shが読み込まれるようにしておく。次に、/opt/vpnserver.shを開く。

などとかいておき、tapデバイスにIPアドレスが振られるようにしておく。
最後に、systemctl daemon-reloadを実行しsystemdの更新をしておく。